外装リフォーム

どんな塗料を選べばいいの?

適材適所の正しい知識が大切。塗料ごとの特徴を解説します。

各塗料の価格と耐久年数

アクリル系塗料

塗料の主成分である合成樹脂がアクリル系の塗料のことで、約20年前に発売された塗料です。
価格はもっとも安いですが、耐久年数が低く・コストパフォーマンス面でも割高なので、今現在あまり使用されなくなりました。
コストを抑えて、頻繁に外壁の模様替えを行いたい場合(店の外壁等)におすすめの塗料です。

メリットデメリット
・価格が安価
・透明度が高い
・耐久性を考えない場合、もっとも使いやすい
・ウレタン系、シリコン系に比べるとコストパフォーマンスが悪い。
・耐用年数が短い。

ウレタン系塗料

塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系の塗料となります。
アクリル系塗料より防水性と耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れた塗料です。

メリットデメリット
・価格と性能のバランスが良い
・紫外線に強い
・光沢の持続力に優れ、美観重視に良い
・コストパフォーマンスの面でシリコン系に劣る

シリコン系塗料

塗料の主成分である合成樹脂がシリコン系の塗料となります。
耐久性に優れ、汚れや色落ちにも強く、価格とのコストパフォーマンスも良い塗料です。

メリットデメリット
・価格と性能のバランスが良い
・耐久性に優れる
・弾性力がある
・価格が高い

フッ素系塗料

塗料の主成分である合成樹脂がフッ素系の塗料となります。
耐久性、防汚性が他の塗料に比べ優れていますが、お値段も高価な塗料です。
お手入れの手間が省けるため、長く住まわれる住宅におすすめです。

メリットデメリット
・耐久性に優れる
・綺麗な状態を長く維持できる
・価格が高い

塗料ごとにそれぞれの特徴がございますので、外装リフォームを検討中の住宅の状況や、ご予算に合わせた塗料をお選びください。
もちろん、ご不明な点がございましたらいつでもご相談ください。
お客様が納得いくまでご説明させていただきます。

リフォーム・リノベーション、賃貸管理の事なら何でもお気軽にご相談ください。

TEL:0952-41-7733 お電話受付時間10:00~19:00 メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ